BLUE NOTE STREET !!!

 なにやらSOILがレコーディングしてるらしい、だの、
KJMもしてたらしい、だの、各それぞれ違った話だと思っていたのですが。
カバーアルバムを作ってるらいしいと先週解ったものの、詳細は不明だったのですよ。

そのアルバムに関するフライヤーも入手したし、
ついにレーベルサイトでも公表になりましたので載せてしまいましょう!

 その前に少し脱線。
昨日、9/15(土) 『COOL TO KOOL Special!』
Gilles Peterson Japan Tour 2007に行って来ました。

 めッちゃ楽しかったVV
ジャイルスのしぐさがもう、可愛らしくて、観てるだけで楽しくなってしまう。
ホンマに好きな音楽流してはるんやな~っていうのが伝わって来ました。
年代も色々でジャンルレスで、一見バラバラに思える選曲だったのですが
バラバラというよりは、それぞれ"うまくリセットされてる"という印象。
表情や身体全てでかけてる音楽を楽しんではる様子に曲に対する愛情を感じましたし、
この会場で誰よりも楽しんでるのは、もしかしたら彼自身かも?
と、思わせてしまうようなハッピーな空間でした!!
♪Apache、♪Spiral Waltz (Indigo Jam Unit Remix)、それに、
♪SAHARA(SOIL&”PIMP”SESSIONS)が嬉しかったなぁVV

 松浦俊夫さんは「オー・イェー!」を連発してはったのがツボでした(笑)。
歌うの大好き、踊るの大好き、しゃべるの大好き!といった印象を受けました。
(去年めちゃくちゃ引いたのがあったので少し心配でしたが(笑)。)
不意にお相撲の時の行司さんの呼び出しの拍子木が鳴り響き、
『ひぃがぁ~しぃ~~~・・松浦俊夫~~~~~・・』の声でジャイルスから交代。
こういう遊びがお好きな方なのね。去年のも"遊び"の一環かー。うんうん。

 それでようやく本題です(笑)。
暫くして新しい音源とそのカヴァーアルバムの紹介があって、
『松浦俊夫 feat.××&○○&cro-magnonでA Night In Tunisiaをカヴァー。』
って確か言ってはった・・聞き間違いでなければ。すかさずそこに喰い付く姉妹(笑)。
クロマニッ?!? で、チュニジアッ?!?!?
で、聴いた感想は、かなり斬新なカヴァーに仕上がってました。
A Night In Tunisiaのカヴァーって事前に知らされてなかったら気づかなかったかも。
(だって、A Night In Tunisiaっていう違う曲があるのかと疑ったくらいでしたもの。)
そう言えば、Kyoto Jazz Massive、SOIL&”PIMP”SESSIONSも参加っていうのはこれか~。
菱山さんのblogで『老舗ジャズレーベルのアーティストの、とても素敵な曲のカヴァー』と
紹介されてたのはこれか~。
 点と点が線に。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
e0083991_22594830.jpg2007.11.21 RELEASE!!!
【BLUE NOTE STREET】

 ☆★☆参加アーティスト☆★☆
Jazztronik、DJ KAORI、MURO、SOIL&”PIMP”SESSIONS、
DJ KAWASAKI、HOME GROWN、Kyoto Jazz Massive、
Sunaga t experience、松浦俊夫、中塚武、ロバート・グラスパー

[アルバム詳細] http://www.emimusic.jp/jazz/bluenotestreet/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 なんてゴージャスなアーティスト陣VV
この中で中塚武さんの名が連なってるのが意外でしたが、
中塚さんのアレンジもとても大好きで、お気に入りのアーティストなので嬉しい!
松浦さん以外の方のカヴァー曲の詳細はまだ不明なので明らかになるのが楽しみです☆
そして、SOILのカヴァー曲はとある情報によると『渋い』らしいです(笑)。
渋い・・・♪Moanin'とか♪Quicksilverしか思い浮かばないです・・ベタな~★
個人的にはSOILの♪A Night In Tunisiaが聴いてみたかったなー。
[PR]

by tsubaki-tsubaki | 2007-09-16 23:15 | 音楽

 ARCTIC MONKEYS 【Favourite Worst Nightmare】

e0083991_1525398.jpg
 まだ梅雨は明けていませんが、気持ちだけは夏フェスに向けて大爆走です。

 今、あたしのiPodで良く再生されるのは・・
ARCTIC MONKEYS 【Favourite Worst Nightmare】
いまさら推すまでもないんだけど、かっこいいですね~!!
2005年の年末辺りで1st発売前から"次に来るのはこのバンドだ!!!"と各Rock誌の話題だったのでしたけど、
どうせメディア先行型のアーティストなんでしょう~?と、捻くれた目でみてたのでした。

 『1stの方が良かった。』という感想をチラホラ目にしましたが、あたしは2ndの方が好みだな。
1stの【Whatever People Say I Am, That's What I'm Not】は、
一言で言えばARCTIC MONKEYSのメンバーの初期衝動がギュッと圧縮されたAlbumのように感じられた。
ギザギザしてて、ザラザラしてて、それでいて宙に浮かされるような音で素敵でした。
他のバンドのアルバムレヴューでも『1stの方が。』という感想はよくみられるのですが、きっと"初期衝動"の音が好きな方なのだろう。
 それは"素材の味"がストレートに味わう感じのように思う。
例えばとれたてのトマトやリンゴを丸齧り。獲れたてのお魚をお刺身や塩焼きで。
 良い素材なら、そりゃあ美味しいだろう。
そういうメニューばかりだと"お料理屋さん"としてはいいけど、"プロの料理人"としてはどうなんだろうか、と思う。
そういうものだけしか求めない、認めないお客さんもどうなんだろうか、とも思う。

 んー。話が逸れたけど、
ARCTIC MONKEYSの2ndは素材の味を生かしつつ美味しく料理されたアルバムに仕上がってると思う。
1stしか聴いてない頃の印象は、500人くらいのライヴハウスが似合いそうなバンドだな、と思ってました。
それが今年のサマソニのメインステージに出る、しかもヘッドライナーで!!!
・・ARCTIC MONKEYSの人気は知ってるけど、スタジアム級のステージの似合う感じじゃなさそうやのにな~。
と思ってたのですけど、2nd Albumを聴いてみると納得。
1stは良い意味でUK Rock好きの人限定のものだったと思う。
今度の【Favourite Worst Nightmare】はUK Rock好きの人以外からも支持されるものになったと思う。
かと言ってPopに変貌を遂げた訳ではなく、あくまでもRockとして。
 彼らはなんて音楽のセンスが良いのだろう。
そしてバンドの持ち味としてAlexのヴォーカルの絶妙さ。
熱いんだけど、冷たい。癖になる。
アルバムの3曲目♪D Is For Dangerous(HMV試聴サイトへのショートカット:WMP)を聴いてみてもらうと解り易いかな。
Aメロの歌い出しはAlexではなく、他のメンバー(多分2人。・・3人?)で途中から被せてAlexが歌い始めるんですけど、
他のメンバーはいかにもRockな熱い歌い方で。
一方AlexはひんやりとCool。かと言って、しらじらしいCoolさではなく。彼の声の持つ個性。
 そのひんやりした声が演奏と混ざり合い、それが絶妙なのだ。
ジェラートにエスプレッソをかけたジェラート・アフォガートや、熱あつのアップルパイのアイスクリームのような。
通勤時の電車の中でiPodを聴きながら、『Alexの声はアップルパイの上のアイスやな~・・。』
 ・・などとぽんやり考えてるこの頃なのでした。
【Favourite Worst Nightmare】のHMV試聴サイトはコチラ!! ここでは聴けないけど国内版のボーナストラック♪Da Frame 2R、好き。
【OFFICIAL SITE】はコチラ!!
【MY SPACE】はコチラ!!

 なんか、久々にUpしたらイッタイ何が言いたいのか解らない文章になってしまったー。
これは食べ物の話・・? お腹減ってた・・??
[PR]

by tsubaki-tsubaki | 2007-07-21 22:44 | 音楽